読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さるみブログ。

勢いで書く雑記

それだけじゃないだろ日本人!

土曜日の15時、ほぼ満席の池袋シネマサンシャインで『この世界の片隅に』を見てきた。民放ではプロモーションできないらしいけど、テレビ見なくったってネットの口コミでこれだけ話題作になれる時代なのだ。

13回見ましたとか、クラウドファンディングでプロモーション資金を集めようとか、とにかく絶賛の嵐だけど、ぶっちゃけこの映画がヒットしていることに懐疑的だ。良さを理解したくて、絶賛している人たちの感想を読んでたんだけど、今朝テレビで「周作さんとすずさんが喧嘩しながら帰るシーンが、、、」まで話して言葉を詰まらせて泣き出した人がいて、いよいよ自分の感性が心配になってきた。まずは箇条書きで気がついたこと、引っかかったことを書いてみる。

思ったこと

  • 料理のシーン

とても丁寧で見ていてほっこりした。 材料を読み上げたり、手描きのかわいいメモだったり、 いい絵本を読んでいるような感じ。『コクリコ坂』 の料理シーンに通じるものがある。のんのナレーションととても合ってた。(この1.00分あたりとても良い)

youtu.be

  • 周作さんのお姉さん

おしゃれが好きで、都会に憧れてて、街の時計屋の店主と恋愛結婚したけど旦那が子ども残して早死にして、嫁ぎ先とうまくいかなくて出戻る。気が強くて言葉に刺がある、テンプレみたいなキャラクターで一番行動や発言を予測できた。けど一番人間らしかったし、だからか一番会場から笑いをとったキャラだった。いま思えば、21世紀の私たちに近い考え方と性格の持ち主だったのかも。面倒な性格ゆえの生きづらさにも共感したのかな。

  • すずさん

お姉さんに対してすずさんは、(ぼんやりしているからか)全然行動とか発言が読めなかったな。すごく可愛らしい人だけど、水原さんと一夜を過ごした時の色っぽさとか、玉音放送を聞いた時の怒りとか、いい意味で裏切ってくる。ただ個人的に、顎にほくろのある人は色っぽいと思ってたんだけど(安野モヨコさくらん』の粧ひとか)、すずさんは全然だったな笑(このツイートのすずさんは色っぽいね)

  • 右手

すずさんが、呉を襲う爆弾の雨を見ながら「 手元にノートがあれば」みたいな台詞を言うシーンは、そこで「この人が見る世界は絵の材料なんだ」「 世界を自分が絵を描く前提で見ているんだ」と思った。だから「 右手を失ってからの世界が歪んで見える、 左手で描いた絵みたいに」につながってくるんじゃないかな。

周作さんとのデートで、橋の上で話してた「選ばなかった選択肢はすべて夢」ってくだり、よかったな。今ここに生きていることが現実だけど、同時に過程でしかない。うろ覚えだけど、自分の中ですとんとした。

  • カウントダウン

あの日に向かって、カレンダーがめくれて、空襲がどんどん激しくなって、、、わかっているけどハラハラしてしまう。(追記:しおたんさんがすごくいいこと言ってた


よくわからなかったこと

子どもできたんじゃないの?
結局1年くらいの間の出来事だから進展もあまりないのかも。って思ってたら宇多丸がちゃんと見れば意味がわかるって言ってたからもう1回見ないとかな、、、(公式サイトにある「すずさんの生きた時代」っていう年表が、実際の歴史の年表と一緒に見れて、ほどよいネタバレ感があってよい)

終戦後、妹から父親と母親?が死んだって知るとこ
すずさんの反応がすごく淡白で、腑に落ちなかった。すでに知ってたの?

→原作読めば全部納得できるんだろうか。誰か教えて。

 

やっぱり、ネットに氾濫する「日頃に感謝」系の感想にはどうしても納得できない、そういう理由でこの映画が好評価を得ていることを認めたくない自分がいる。「それだけじゃないだろ日本人!」みたいな。むしろみんなそんなに日々感謝してないの?ってなる。
最大限譲歩して、感想をポジティブに言おうとすれば、この映画を通して、戦争への関心というか、意識を少しでもする人が生まれたならそれはそれでいいのかな(惰性)ってコメントを一緒に見に行った人に言ったら、「ヤバイ。その感想あえっててポジティブに言うならねってネガテイブさを感じる」って言われて吹いた笑

唯一絶賛してる勢と同調できることがあるとすれば、『あまちゃん』ファンだし能年玲奈にお金が入ってくれればいいってとこかな。

 

拝啓、ZOZOTOWN様

バスキア買ったり、財団立ち上げたり、羽振りがいいなおい」とか思っていたZOZOTOWNの前澤社長が、命名権を獲得した千葉の野球スタジアムのロゴをツイッターのアンケートで決めるらしい。

就活の時、最初に受けた企業がZOZOTOWNだったから、何となく目に止めてしまう。その時、社長のインタビューとか読んで思ったのは、チームみんなでやろうっていうのが大好きな人なんだなと(バンドやったりしてたからかなとか思ってみたり)。だから今回ロゴを公開投票にしたのも、ユーザーと一緒に決めたっていう理想があるのかもな。

働き始めてからZOZOTOWNにはお世話になりっぱなしだ。自宅であのブラックボックスを何回潰したかわからない(ストームトゥルーパーは最高だったな)。配達は早いし、ヤマトだからクロネコポイントがつくし、ブランド関係なく似たようなデザインをオススメしてくれるし、買ったもののサイズを控えてくれてるから試着はいらないし、返品も楽だし。

 あのレビュー文は気に入らないが。

まそんな話は置いといて、どれが選ばれるか分からないうちにロゴを見て思ったこと書き留める。

私が一番見慣れてるのは2だと思う。
ロゴとして流通させてる「ZOZOTOWN」を一番強調し、それをつぶさない申し訳程度のスタジアムのイラストがちょうどいい。

3に若干の違和感を感じてしまうのはきっと同じ理由で、「ZOZOMARINE」がアーチになってるからだと思う。ZOZOTOWNのロゴはやっぱり真っ直ぐだ!
けど、スタジアムの正面に来て、あの下を通って入場するのを想像すると、3がいい。

最後に1。鳥のロゴはかっこいいけど、「ZOZOMARINE」の上に何かが乗っかっているのが、まったくしっくり来ない。


自分の意見を述べておきながらあれだけど、別にスタジアムのロゴは何になってもいい。それよりも今回の募集で改めてすごいと思ったのが、社名兼ロゴを世間に刷り込んでいる、ZOZOTOWNの徹底したブランディング力だ。ZOZOTOWNって街中ではほとんど広告を見ない。テレビcmも、私の記憶する限り1度しかない(確か架空のショッピングモールを9頭身の白人の女の子が歩く、みたいな内容だったんだけど、その時の私はZOZOTOWNを知らず、普通にアウトレットモールかなんかのcmだと思ってた)。

と思って調べたら、大島優子鬼太郎になってるのがあったねぇ。

でもやっぱり一番ZOZOTOWNのロゴを見かけるのはネット上だ。または家に届くあのブラックボックス。あの白抜きがいつのまにか社名としてだけじゃなく、デザインとして浸透しているってすごいことだと思う。社名=ロゴをやり通す企業は負けん気が強い!笑

OSHIMAI

 

(12/8追記:こうなったね)

一言で言えば、情報量がすごい。

3ヶ月前、Aから売切れ続出と聞いて、見てもいないのにとりあえず買ったプログラムをようやく開封できる。別に映画館がカップルで7割くらい埋まっていようが、特等席の一番後ろど真ん中の両脇がカップルだろうが、ヨージのコートで身を包んだ「ザ・喪女」って格好だろうが気にしない。14年ぶりの降雪が報じられた11月の夜、私は見る見る詐欺の後ろめたさからようやく解放され、『君の名は。』を見たっていう資格を手に入れた。

まず忘れないうちにメモしておきたい、鑑賞中に頭をよぎったこと。
口かみ酒を見て思い出したのは『もやしもん』だし、現在の瀧と3年前の三葉が入れ替わってるってわかった時に思い出したのは宮部みゆきの『蒲生邸事件』とか『永遠のゼロ』だし、お互いのルール決めたりするのは『思春期ビターチェンジ』だし、彗星が落ちた糸守のシーンを見て思い出したのは『東のエデン』だったし、「もう一度君に会いに行く」みたいなのは完全に『時をかける少女』だし(作中に「未来で待ってる」ってセリフがあっても全然違和感なかったよね)、誰かれ時に再開した二人は『インターステラー』の本棚越しのマーフィーとパパだった。大丈夫、覚えてる。

それから、畳に置かれた組紐、紅葉、新宿の街、全部本物(写真?)かと思うほど綺麗に、正確に描写されてた。トレースとかを駆使して、写真をその場に持っていけばピタリと重なる、とか言われてるけど、これからのアニメってそういうの目指すの?って疑問が頭から離れない。それが新海作品なのかもしれないけど、違和感を感じずにはいられなかった。正確さというか、もはや正しさでは?

とか言いながら、23年以上住んで嫌いになりつつある東京の街がめちゃくちゃ綺麗に描かれてて(瀧のアパートの玄関を出たところから見える新宿と御苑とか)、私はこんな綺麗な街に暮らしているのかと感動した。確かに朝日を反射する高層ビルは綺麗だ。得した気分になる。吉祥寺でオールした帰りに震えながら始発をホームで待って、中央線で向かう新宿の街は眩しいほど美しいことを、私は知っている。

そして、RADWIMPSのPV問題。言うほどか?とは思ったけど、瀧とか三葉の気持ちとシンクロしそうってときに洋次郎の声が聞こえて萎えたっていうのはあった。ただ全体的に見たら、後々歌詞を見て「ああ、こんなこと言ってたんだ」「ここがリンクしてたのか」とか気が付いたくらいで、それは曲よりも映画に集中していたって証拠だと思う。「なんでもないや」の「嬉しくて泣くのは 悲しくて笑うのは 君の心が 君を追い越したんだよ」っていうのは、すごくよかったな。

あーあと最後に。三葉が入った時の瀧くんの声が気持ち悪い(褒)。神木くんすげーな。普通だったら文脈的に「仕草も相まって」とか書くんだろうけど、仕草以上に声から女子っぽさを感じた。

ハイ、映画館で観るには今更すぎた『君の名は。』の感想おわり!

シティーガールって言わせて

父が出張中のため、珍しく朝イチで犬の散歩をした。朝、街行く出勤途中の人たちが傘を持っているのをみて、「ああ今日は雨が降るのか」とぼんやり思いながら帰宅。折りたたみ傘を革のリュックへ入れ、革ジャンと革靴で出勤した。

 

言いたいことはそれではない。自分の地元についてだ。
生まれて一度も離れたことのない地元は「街」ではなく「町」、もっと言えば「村」だった。23区にもかかわらず、小学校の前はついこの間まで畑だったし、誇れることと言えば特産品に扮したご当地キティがいること。給食には特産品を使った特別メニューがあったし、地元の和菓子屋が売ってる特産品を使ったまんじゅうはなかなかいける。

 

言いたいことはそれではない。「まち」という言葉についてだ。
ツイートには「町」よりも「街」を使いたい。ちょっと都会っぽい気がするから。だからそもそも地元のことはつぶやけない。「街」って書いたら嘘になる気がするから。冒頭で「街行く人」って書いてちょっと罪悪感。ささいなことを引きずって、地元コンプレックスが膨らんでいく。街に恋い焦がれながら、田舎に憧れてみたりもする。友達が夏休みは「田舎」に帰った、という報告を聞いて無性に羨ましかったのを覚えている。帰る場所が田舎と街にあるのは、かっこいい。

 

言いたいことはそれではない。自分の地元についてだ。
仕事は朝から晩までPCと向き合うため、平日の運動量が圧倒的に少ない。意識して出勤か帰宅のどちらかに一駅分歩いたり、歩道橋を使ったりする。この歩道橋、入り口が交番の裏にある。壁に貼られた指名手配犯たちと目を合わせながら、薄暗い交番裏から階段を昇る。小さい頃から思うのは、自分が誘拐犯だったらここを狙う、ってこと。文字通り「警察の裏をかく」のだ。犯人たちの顔は年々少しずつ変わっていくけど、歩道橋の登り口に対する感覚は子どもの頃から変わらない。

 

言いたいことはそれではない。「まち」という言葉についてだ。
私は「町」よりも「街」が、もっと言えば街よりも都市が好きだ。卒論のテーマはなんちゃって都市論だった。インスタのプロフィールが「トーキョーシティーガール」だったこともある。趣味は『POPEYE』に振り舞わされる上京組一人暮らし男子のインスタとツイッターをチェックすること。最近の『POPEYE』がなんちゃってグルメ雑誌になっていることを本当に心配するくらい、あの雑誌をシティボーイのバイブルとして愛読していた。でも、私が住んでいるのは町だし、オフィスは街にあるけど半分外国だし、今月の『POPEYE』がアート特集だと知って「芸術の秋(笑)」って鼻で笑ってるし、ギャラリーを浮遊するシティボーイに過剰反応する自意識過剰野郎だ。

おわり。

〇〇先生、読んでますか。

雨宮まみさんが亡くなった。

とか、はてな界隈がざわついて、私ははじめて雨宮まみという女性を知った。
よく周りから「お前こじらせてんな」とは言われてたけど、私はその語源とか定義とか全然知らないまま「あ、私はこじらせてんだ」ってわりととストンと受け止めてた。
ってことで、今になって初めて彼女の文を読んだわけだ。最初に読んだのは雨宮まみの『弟よ!』の「着る快感」だった。もうただただうなづくことしかできなかった。今ではだいぶマシになったけど、高校、浪人、大学時代の私は本当に自分が大嫌いだった。コンプレックスの塊だった。
 
私はブスなんだ。
綺麗な服を着る資格もない。
自分の体型が嫌い。
おしゃれになりたい。
おしゃれだって言われたい。
誰にも見られたくない。
などなど...
 
話が脱線した。雨宮さんの話だ。
キキララの服が似合わない事実、赤い服を着たクラス一かわいい女の子、この2つが彼女を長いこと縛りつけていたらしい。ぶっちゃけここまでは、「ライターになる人って小さい頃のこと覚えてんだな、やっぱちげーな」とか「ネタとしてこういうことまで引っ張りだすんだな」とか思ってた(ごめんなさい)。でもね、考えてみたら自分も相当小学生の頃の思い出を引きずってることに気がついた。ってか思い出した。から、書く。
 
中学受験のために通った1対1の個別塾で、私は〇〇先生という男性に算数を教わってた(別に国語でもなんでもいいんだけど)。なんのたわいもない会話をしていたんだと思う。私が言った一言に対して先生が「それ違うよ」って言った。ムッとして頬を膨らませた私に、先生が言った。
 
「それ、かわい子ぶってるつもり?」
 
頭が真っ白になった。「え、なんでこの人わたしをこんな目で見てるの?」生まれて初めての衝撃、ショックを受ける、という経験だったと思う。しばらく何も考えられたかったことだけは覚えてる。確かに小学校時代の私は鼻の潰れた歯並びガッタガタの、書き出したらきりがない。こんなのが自分の子どもだったらどうしようと思うほどのブサイクだった(今でも小学生時代の写真は見れない)。
大人になった今、もし自分に対して同じを言う男が周りにいたとしたら「あいつゆがんでんな」「性格悪いな、こりゃモテないな」「死ぬまでこの性格は直らないだろうな」「幸せになれないだろうな」とか、思える。たしかに思える。けど、小学6年生の私には無理だった。あの一言は私の脳に刷り込まれ、異性を意識するたびに必ず脳裏を横切るようになった。別にだから恋人ができないとか、モテないのを〇〇先生のせいにしてるわけでも、したいわけでもない。ただ、私の思考回路の節々には必ずあの一言がいるのだ。そして、それを雨宮まみの文を読んだことで気づかされたのだ。
以上

何かを好きって言えない。

 

趣味がない。
アニメを見るのも、漫画を読むのも、映画を見るのも、アート観賞するのも好きだ。だけど好きって言えない。例えば「アニメが好き」という人っていうのは、どんな作品について問いかけても1聞けば10返ってくるような人を指すと思う。そのくらい、このご時世に「○○が好き」って言うことはハードルが高い。だから言えない。
 
「〇〇が好き」ていう人から〇〇についての話を聞くのが好きだ。その人が〇〇について唾を飛ばしながら熱くプレゼンしてるのを見るとニヤニヤする。本当に好きなんだなって。と同時に、その話に自分もついていきたいと思う。だからアニメを見たり、漫画を読んだり、アイドルの動画を見まくったりする。
 
いろんなことを知っていることが好きだ。知識さえあれば、どんな人とも話せる気がする。どこに何を好きな人がいるかわらかないから、私はテレビでサッカー観戦したり、話題のスポットに足を運んだり、おすすめのパンを食べたりする。
 
ここで1つ疑問が。「〇〇が好き」と、「〇〇が好きな自分が好き」って何が違うんだろうか。
趣味の話になるといつも私はここから考えてしまう。「私はいろんなことを知っている自分が好きなのでは?」っていう疑問を永遠と繰り返す。でも自己肯定力の低さゆえ、「自分は自分が好き」っていう着地点がどうしても受け入れられなくて、結局「私は何の趣味もないつまらない人間なんだ」っていう結論に至る(至らせてる)。
 
ミーハーはいやだ。趣味が欲しい。本当は何かのヲタクになりたいのかもしれない。でも私には好きなものがない。
 
おわり