さるみブログ。

自意識の墓場。若気の至りと思ってください...

うらやましくない

1ヶ月くらい前に「人を羨ましいと思うことが減った」と呟こうとしてやめた。
なんかダサいなと思って。

だから久しぶりに「羨ましい」って気持ちになってちょっと驚いてる。
きっかけは、同い年の知人の文章を読んだこと。
あまりにいい文章で、めちゃくちゃ羨ましい。
というか悔しいと思ってる。

今の私の仕事は書くこと。
といっても翻訳とか味気ない紹介文だったりするんだけど。
なんとなく就いた仕事だったけど、それなりに楽しかった。
うじうじもやもやしていることをアウトプットする術も身につけられて、気持ちの整理にも役立った。

その人も自分と同じ年に同じような職業に就いた。
就職したての頃の彼の文章は別に読んでも「ふーん」って感じで、
わざわざ読みに行くでもなく、ツイートで目についたら読むくらいだった。

けど、就職2年目に入ったその人の文章は、思わずブクマしてしまうほど心揺さぶられるものだった。
悔しい。
だから彼にはこのことは伝えない。

この夏で書く仕事を辞めることにした。
書く仕事に諦めをつけたはずなのに、こんなに悔しいのはなぜか。

仕事として文章を書くのは、私にとって苦痛でしかなかった。
自分と比べるのもおこがましいほど、素晴らしい文を書く人たちがたくさんいる。
ツイッターにも、匿名ダイアリーにも、週刊文春にも、心揺さぶられる文章が溢れてる。
こんなクソみたいな文を書く私が金なんてもらってていいのか。
書いても書いても納得いく文章は書けない。
書いては消し。書いては消し。
校正は真っ赤だし、嫌になって自分の名前を出すことをやめた。
「書く」プレッシャーから解放されたい。
1年くらいずっとそんなことを考えてた。


「解放されたい」と思い始めた私は、仕事以外の文を書いてみようと思った。
それがこのブログの最初の方のクソみたいな文たち。
「クソ」と評しておきながら消せないのは、書くのが楽しいと思っていた自分があそこにいるから。
本当にどうでもいいことを書いてるだけなのに、さーっと読めてしまうようななんでもない文章なのに、とにかく書いてて楽しかったことを覚えてる。

あーあ、いやなことを思い出してしまった。
楽しいと思えた時点でやめておけばよかった。
なんで読み直しちゃったんだろ。
というか、なんで私また書いてんだろ。
これからも誰かの文章を読んで、同じ後悔を繰り返すんだと思う。